2016年4月9日土曜日

東大院生が考えたスマートフォンFX

東大院生が考えたスマートフォンFX
田畑 昇人
扶桑社
売り上げランキング: 23,750
■どういう本?
 FXトレーダーとして有名な田畑昇人さんが書かれた本です。基本は時間帯や需給を意識した手法について記載されていますが、それに加えてトレーダーとして生きていくためには何をしなければいけないかという点について書かれています。

 読んだ印象としては、著者的に結構思いを込めて書かれた感じで、よくある「私はこれで~稼いだ」系の本とは違ってなかなかためになります。FXやらないよって人もいるとは思いますが、考え方やアプローチの仕方としては至極まっとうな内容が記載されているので、読んで損をすることはないかと思われます


■どういう内容?
 著者がどうやって勝てるようになっていったかから始まりますが、基本は時間帯と需給を意識して、ランダム性が小さい動きを取りに行く手法について書かれています。単に動いた方向に乗るのではなく、なぜその時間帯はこういう動きが多くなるのかという分析をベースにすることで、イン・アウトの基準を明確にしています。
 また、ポジや注文が溜まっているかを見ることで、単なる節目や抵抗線だけでトレードするよりも動きのランダム性を排除しています。この辺の考え方は対人ゲームっぽいですね。

 加えて、トレードで勝ち続けるためには何をしないといけないのかという点にも触れられており、間違いを認めることの重要性や低勝率の悪影響のあたりは、FXをやらない人でも共感できるかと思います。

 

■Summary
 相場を動かしているのは人間、だから参加者の心理状態とその変化が分かれば勝てる。そのための判断材料が時間帯と需給。順張り・逆張りは時間帯によって機能しやすさが変化する。また、時間帯の節目にはポジションを解消しようとする需要が発生する。
 他にも、ポジションの溜まり具合や逆注文動向によって、反発するのかそれとも抜けた後に大きく動くのかを考えてトレードする。

 トレーダーに必要なのは自分の誤りを認める素直さ。FXで勝てない人は損切りが遅く利確が早い。どうやって上手く負けるかが問題になる。また、正しいやり方でトレードしていても、リスク管理ができていなければ一発で退場させられる。
  


■まとめ
 投資関係の本で、明確に対人を意識した内容の本はあまりないので、その点に触れているのは珍しいです。考え方の枠を広げるにはいい本かと思います。

 なんでこの本を紹介したのかと言うと、今の株市場もこういった時間帯を意識したトレードがかなり重要になってきているからです。年金と日銀という、市場に対して大きな影響力を持つ組織がいる現状、無茶な値動きがかなりの頻度で散見されるようになってきました。
 個人的には、日中の前場・後場とイブは既に全くの別市場という見方をしていますが、それに加えて価格帯での変な影響力を含めると、その辺をケアできないとかなりしんどいのではないかと思います。というか、外人は割りと合理的に売買するんですが、年金と日銀が機械的に突っ込んでくるせいでかなり面倒くさい...。

0 件のコメント:

コメントを投稿